オールインワンジェルコラム

20代のためのオールインワンジェルの選び方とメリット・デメリット

20代女性のオールインワンゲル

社会人として働き始めて、自分らしい人生を歩み始める20代。体力も気力もとても充実しており、休日にはサロンでネイルケアやヘアケアをしたり、大きな連休には海外を旅したり…と人生の黄金期ともいえる楽しい世代です。

仕事でクタクタに疲れても、プライベートでのデート、アフター5のコンパや飲み会ではいつも元気一杯!という方が多いことでしょう。そんな忙しい20代女性にとって、毎日時間をとってきちんとしたスキンケアをするというのは、ついつい面倒になってしまうことが多いもの。

もしワンステップで全てのスキンケアが終えられる基礎化粧品があるとしたら、かなり便利ですよね。こちらでは、20代女性のためのオールインワンジェルの選び方やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

20代の肌の特徴とは?

20代女性の肌は、「ピチピチとしてハリがあり、潤いに満ちている」のが特徴です。肌の調子が良いときは、メイクのりもよいけれど、ちょっとしたストレスなどで肌トラブルが起きやすい傾向があります。

新陳代謝が活発で皮脂が気になる

20代の肌は、まだまだ新陳代謝が活発です。特に20代前半では、10代後半の頃と変わらないような脂っぽい肌に悩む方も多いのが特徴です。小鼻の周りやおでこなどのTゾーンが特に脂っぽくなってしまい、メイク崩れを起こしがちでもあります。

大人ニキビ

ホルモンバランスがまだ不安定な20代の肌は、簡単なストレスでもニキビが出来やすい環境にあります。不規則な食事や間違ったスキンケアによって長引いてしまうことも。

肌荒れ

肌の状態が不安定なこともあって、自分の肌が脂性肌なのか乾燥肌なのかわからず、逆のスキンケアで肌を痛めてしまうことも。また、マスカラをたっぷり使ったアイメイクなどを落とすときには、目元の皮膚の肌荒れが起こりがちです。

20代がオールインワンジェルを使うことで得られるメリット

目立った肌トラブルはなくても、肌の内部ではエイジングが始まるといわれている20代。そんな20代女性がオールインワンジェルを使うと、どんなメリットがあるのでしょうか?

30代からの大人肌の悩みを手軽に予防できる

20代の頃から肌に合ったスキンケアを継続させていくことは、30代で本格的に表れてくるシミやシワなどの予防にも役立ちます。忙しい20代女性だからこそ、「手軽に」スキンケアできるオールインワンジェルはとても便利です。当サイトでは30代のためのオールインワンゲルの選び方を紹介しています。

残業で疲れたときや、遊び続きで疲れたときでもワンステップでスキンケアできる

仕事で疲れて帰ってきた時や、飲み会が続いた時などは、「メイクを落とすだけで精一杯。スキンケアはさぼりたい」という方もいらっしゃることでしょう。そんなとき、ワンステップでスキンケアが終わるオールインワンジェルはとてもラクチン。

スキンケアにかける費用が節約できる

お肌のお手入れより、まず何よりも外見が「キレイ」で「可愛い」女性に憧れる20代。まだ、肌トラブルが少ないこともあって、スキンケアコスメよりメイクアップコスメにお金も時間もかける傾向が強い年代でもあります。

「スキンケアが大切なのはわかっているけれど、そんなにお金をかけられない」そんな20代の女性にとっては、コスパ抜群なスキンケアコスメなのです。

20代がオールインワンジェルを使用する注意点やデメリット

手軽にスキンケアができ、スキンケアコスメ代も大幅に節約できる、嬉しいメリットの多いオールインワンジェル。では、20代女性がオールインワンジェルを使用する際に気をつけたほうがいい点やデメリットはあるのでしょうか?

肌タイプにあったオールインワンジェルを使わないと、ニキビなどのトラブルが起きることも

オールインワンジェルは、それひとつだけでスキンケアが終えられるという特徴があるため、お肌のタイプに合った商品を使わなかった場合、逆にニキビなどのトラブルが起きてしまうことがあります。

ニキビが気になる方は、抗炎症成分が含まれていたりする商品を選ぶのも良いでしょう。
ニキビ対策とオールインワンゲルについて

メイク前に使うと、よれやすくなってしまう

オールインワンジェル全般的にいえることですが、ワンステップでスキンケアできるという特性上、単品使いのスキンケアに比べると、肌の上に乗せてからなじんでいくまでの時間がかかる場合がほとんどです。

そのため、朝のメイク前に使うと、メイクがよれやすくなってしまったりすることも。メイクする場合には、その時間を想定してオールインワンジェルを使ったほうがベターです。

その日のコンディションにあった細かい使用量の調整ができない

「今日は暑くなるみたいだから、油分は少なめに」「今日は頬がかさついているからたっぷり保湿しよう」といったその日その日のコンディションに合わせた使用量の調整がしにくい傾向にあります。

そのため、購入前には自分の肌の悩みに一番適した成分を含んだオールインワンジェルを選ぶことがとても大切です。

20代のためのオールインワンジェルの選び方

ここまで見てきてわかるように、デメリットよりもメリットのほうが多いオールインワンジェル。では20代女性がオールインワンジェルを選ぶときに気をつけたほうがいいのは、どのようなことなのでしょうか?

自分の皮脂量にあった商品を選ぶ

オールインワンジェルは、一般的には保湿力に優れている商品がほとんど。そのため、脂性肌に傾きやすい20代女性が、油分が多い商品を使ってしまうと、ニキビなどのトラブルが起きてしまうことも。

20代女性の肌は、まだ皮脂の量は十分であることが多いので、脂性肌が気になる場合は、オイルフリーの商品を選ぶとベターですよ。20代の女性には、「ヒアルロン酸」「セラミド」「アミノ酸」がメインに含まれているオールインワンジェルがオススメです。

抗炎症成分が入ったものを選ぶ

大人ニキビで悩んでいる場合は、「グリチルリチン酸」や「サリチル酸」などの抗炎症成分が含まれている商品を選ぶと良いでしょう。

美白ケアが出来るものを選ぶ

肌の表面にはまだ表れていなくても、肌の奥底には紫外線の影響による「シミ予備軍」が出来ています。本格的な肌の悩みになってしまう前に、20代でのスキンケアから、「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「アルブチン」「ハイドロキノン」などの美白成分が含まれたオールインワンジェルを使うとベターです。

続けられる価格のものを選ぶ

スキンケアは、何より「継続は力なり」であることを重要視するコスメです。長く継続してスキンケアを続けていくためには、自分の予算内で購入できる価格の商品を選ぶことも大切ですよ。

あまり安い商品も心配ですが、5,000円以上してしまうようなオールインワンジェルを、20代女性が継続して使っていくのは難しい場合もあることでしょう。他の楽しみや予算を圧迫してしまわない範囲で、賢い商品選びをしてくださいね。

20代のオールイワンゲルの選び方まとめ

肌そのものが美しい20代。でもその一方で、肌のエイジングがスタートするのは20代ともいわれているため、油断大敵でもあります。今から肌質に合ったスキンケアを継続して行っていくことで、30代で本格的に表れることが多い「シミ・シワ・たるみ」などの肌トラブルの予防にも役立ちます。

毎日のデイリースキンケアだけでなく、旅行やお泊りのときなどにもバッグにひとつ入れておくだけでいいオールインワンジェルはとても便利なアイテムです。