オールインワンジェルコラム

50代のためのオールインワンジェルの選び方とメリット・デメリット

50代のオールインワンジェル

50代女性でオールインワンジェルを使っている方もたくさんいますよね。エイジングケア効果のあるものを使っていても、シミやしわ、たるみなどの肌の悩みに手応えを感じないと、お悩みの方もいるはずです。

やはり、自分の肌に合ったオールインワンジェルを選ばないと、肌の悩みは深刻化するばかりです。手間をかけないエイジングケアができて、しっかり効果を得られるオールインワンジェル選びのポイントを紹介しましょう。

50代の肌の特徴とは?

40代よりも肌が乾燥しやすくなったとか、化粧品が合わなくなったという50代女性も多いはず!50代の肌はいったいどんな悩みを抱えているのでしょうか。

▼40代の為のオールインワンゲルの選び方はこちらからです。
40代のためのオールインワンジェルの選び方とメリット・デメリット

ホルモンバランスの崩れによる肌の衰え

体と肌との関係で一番大きな影響を受けてしまうのがホルモンバランスの崩れです。閉経をはさんで女性ホルモンのエストロゲンの分泌が激減してしまいますから、ホルモンバランスの崩れが起きてしまうんです。

エストロゲンは肌の水分バランスを保ってしなやかで潤いのある肌を維持していますが、それが減ってしまうと肌も乾燥しやすくなりハリが失われてしまいます。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿物質が作られにくくなり、肌の衰えが進んでしまいます。

外部刺激にも弱くなりますから紫外線の影響を受けやすくなり、肌が敏感になって肌荒れを起こしやすくなります。

ターンオーバーの遅れで肌が回復しにくい

20代では28日周期だった肌のターンオーバーも、40代では45日、50代では何と75日もかかるようになってしまいます。肌ダメージを受けた角質がそのまま肌に留まるようになり、どうしても角質が厚くなるんですね。20代の肌についてはこちら『20代のためのオールインワンジェルの選び方とメリット・デメリット』で詳しく説明しています。

その影響で肌が硬くなったり、ざらつきやくすみが目立ってしまいます。シミやしわ、たるみなどの肌トラブルを抱えた角質もはがれにくくなりますから、肌が回復するのに時間がかかってしまいます。

肌の水分と油分の両方が減少

潤い物質が作られにくくなる一方で、50代は皮脂の分泌も激減してしまいます。肌に潤いを与えたり紫外線などから守ってくれたりなど、皮脂は肌の水分と油分のバランスを取るのに必要な物質です。

それが50代になると何と40代の頃の5分の1にまで減ってしまうんです。ますます肌から水分が逃げやすくなって水分量も減ってしまいますし、肌を保護する機能が弱くなっていきます。

50代の肌は水分だけでなく油分も不足してしまって乾燥しやすくなり、肌コンディションが落ち込んで様々な悩みが増えやすくなるんです。

50代がオールインワンジェルを使うことで得られるメリット

肌の悩みが増えていく年代なのに、オールインワンジェルで大丈夫なの?と心配になりますよね。でも、スキンケアの時間と手間が省けますから、50代でもオールインワンで楽にエイジングケアできれば最高です。

50代ならではのオールインワンジェルのメリットを紹介しましょう。

保湿力が高く肌が乾燥しにくい

エイジングケア効果のあるオールインワンジェルは、美容成分がぜいたくに配合されています。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど、潤いを閉じ込めてハリを高めてくれる優秀な保湿成分も満載です。

ジェルという形状は美容成分をしっかりと肌に送り込みやすく、肌を保護してくれたり潤いを閉じ込める機能が高いんです。乾燥しやすい50代の肌に重要な保湿力を高めてくれますから、肌の回復をしっかりバックアップしてくれます。

様々な肌の悩みを1つで改善できる

肌の悩みが本格化している年代ですから、肌の悩みを複数抱えてしまいます。オールインワンジェルは保湿やハリアップ、美白など、色んな機能を持っていますから、複合的に肌に働きかけてくれます。

1つの化粧品で色んな悩みを改善できるように手助けしてくれて、肌のコンディションを引き上げてくれます。オールインワンジェルの真骨頂である、手間と時間のかからないエイジングケアを実現してくれます。

肌との摩擦を防いで刺激を減らせる

基礎化粧品をライン使いするなら、各ステップごとに化粧品を肌に乗せてなじませて浸透させなくてはいけません。その都度肌と手との摩擦が起きてしまって、どんなに気をつけていても肌にダメージを与えてしまいます。

オールインワンジェルならワンステップでお手入れが完了しますから、肌に触れる回数を大きく減らせます。肌に加わる刺激を激減できますから、敏感な50代の肌に負担をかけずにすむんです。

50代がオールインワンジェルを使用する注意点やデメリット

手軽なエイジングケアができるオールインワンジェルですが、やはりデメリットもあります。しっかりとデメリットを知った上で、それをカバーするような使い方をしていくのが大切ですね。

肌コンディションに合わせたケアがしにくい

肌の状態はその日によって違います。いつもより乾燥している日もあれば、皮脂がたくさん出てオイリーに傾いている日もあります。1つで全てのスキンケアを担当しているオールインワンジェルは、肌コンディションに合わせたケアがしにくいんです。

せいぜい使う量を調節したり、重ね付けして乾燥を防ぐくらいしかできません。細やかな肌コンディションに合わせたケアは、どうしても基礎化粧品に劣ってしまうのがデメリットですね。

基礎化粧品をプラスして足りない部分を補う

オールイオンワンジェルの時短スキンケアの利点を生かして、その日の肌に合ったケアをするなら、基礎化粧品をプラスするのがおすすめです。

肌のごわつきが気になって化粧品の浸透が悪くなっているなら、化粧水で整えた後にオールインワンゲルを使えばごわつきが取れて成分の浸透力もアップします。

乾燥が気になるならオールインワンジェルの後にクリームを使うなど、その日の肌の調子を見ながら基礎化粧品をプラスしてあげましょう。基礎化粧品が足りない機能を補ってくれて、オールインワンジェルの利点を生かして肌に合わせたケアができますね。

自分の肌に合う美容成分が見つけにくい

オールインワンジェルには美容成分が何十種類も配合されていますから、種類によっては肌に合わないものもあります。どの成分が自分の肌に合っていないのかが解れば、それを避けて選ぶことができます。

しかし、成分の数が多すぎるオールインワンジェルだと、どの成分が原因で肌荒れしてしまうのか解りにくいのが欠点です。そのため、事前にしっかりとパッチテストなどをして、肌に異常を起こさないかどうかをしっかり確認した上で使うようにしましょう。

50代のためのオールインワンジェルの選び方

肌の悩みが深刻になる50代だからこそ、最小の手間で最大の効果が得られるオールインワンジェル選びをしたいですよね。

日中の乾燥を防ぐ高保湿なもの

50代の肌の最大の敵は乾燥です。乾燥はあらゆる肌トラブルの引き金になりますし、今の肌の悩みを悪化させてしまいます。水分が逃げやすく乾燥しやすい50代の肌には、高保湿なオールインワンジェルが必要です。

スキンケアした直後は潤いとハリがあっても、時間が経つにつれて水分が逃げてしまいますから、しっかりと保湿の持続力がある高保湿なものを選びましょう。

浸透技術が使われていて肌に浸透しやすいもの

乾燥やターンオーバーの遅れなどで肌が硬くなっていますから、化粧品が浸透しづらくなっています。独自の浸透技術が使われていて、豊富な美容成分を肌にしっかり届けてくれるオールインワンジェルを選びましょう。

成分がしっかり肌の奥まで浸透してくれれば、シミやしわなど、肌の悩みも改善しやすくなります。
しわ・たるみ対策におすすめのオールインワンゲルはこちらから⇒『しわ・たるみの予防と対策におすすめの人気オールインワンゲルランキング

低刺激で肌に優しいもの

バリア機能の低下で50代の肌は揺らぎやすいですから、オールインワンゲルも低刺激なものでないとピリピリとした刺激を感じたり、目に見えない微炎症を起こしてしまいます。肌に優四句使える低刺激なものでないと、肌の悩みも進みやすくなります。

無添加タイプで刺激を与える成分が不使用の敏感な肌でも安心して使えるタイプがおすすめです。

まとめ

体の衰えと共に肌の衰えも本格化してくるのが50代です。美しく年齢を重ねていくためにも、オールインワンジェル選びの時点から手を抜かずにしっかり自分なりに調べて、肌に合ったものを選びましょう。

健やかな肌を保つには毎日のケアの積み重ねが大事ですから、めんどくさくないエイジングケアができるオールインワンジェルを見つけてくださいね。